その他

瞑想を体得したい今日この頃です。

投稿日:2017/06/11 更新日:

最近、ヨガや瞑想が流行っているそうです。

ワタシは元来雑念の多いタチで、特にここ数年はかなり雑念にやられていまして、自分が思い描くあるべき姿から離れてしまいがちで、いろいろよろしくないなと思っています。

根本的な解決をするには、雑念を生む対象から距離を置く必要があるわけですが、なかなかそういうわけにいかない状況でもあり、雑念が生まれないようにする、もしくは雑念が生まれても消せるようにする術を身につけるのが現実的な解という結論に至りました。

そこで、瞑想を体得したいと思っているわけです。

ワタシの中で瞑想と言えば、高城剛さんなのですが、高城さんが主筆を務めていらっしゃるメールマガジン「Future Report」やその他著書の中で、それなりに詳細な瞑想のテクニックも含めて記されています。

ざっくり言ってしまうと、体勢はいわゆる瞑想の姿勢(あぐらのように座り、手を組んで足の上に置く)でなくてもリラックスできる姿勢であれば良く、その状態で目を閉じて静かに息をしていると、そのうち頭の中が空になっていき、瞑想状態に入れるようです。

実はこれまでにも何度かトライしたことはあるのですが、溢れ出る雑念が止まらず(苦笑)、挫折し続けています。

まあ、長らく雑念がある状態がある意味普通だったワタシの脳にとって、簡単に雑念を取り除くことができるとは思えず、じっくりまったり長い時間をかけて続けていく必要があるとは理解していますが、これがなかなか難しい。だから、挫折してしまうわけですね。

しかし、冒頭に書きましたように、このところ雑念による悪影響がひどく、そろそろ対処を打っておかないとマズイと考え、改めて瞑想をやっていきたいと思った次第です。

なんとなくですが、瞑想状態に至るまでの間も、程よく心地よさがあれば、続けやすくなるのではと思っていまして、次のようなことを試そうと考えています。

  • 好きなアロマオイルをディフューザーにかけながらやってみる
  • 心地よいと感じる、ヴォーカルなしの音楽を聴きながらやってみる

瞑想を体得したいとお考えで、でもうまくいかない状況の方は他にもそれなりにいらっしゃるかと思いますので、今後ワタシがいろいろ試した結果などをお伝えしていきたいと思います。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

猫さん

桃猫家の夫です。 プロフィールは こちら。 桃猫家.net では、運営やデザイン等の総合プロデュースとクルマやテクノロジに関する記事の執筆をしています。

-その他
-, , , , , ,

© 2017-2020 桃猫家.net