桃猫漫遊記 日本編

里山十帖の“住”【夏旅 ’17@南魚沼】

投稿日:2017/08/23 更新日:

この夏休み唯一の宿泊旅行に出かけてきました。
場所は新潟県の南魚沼です。

今回は宿泊した「里山十帖」の“住”についてお送りします。

里山十帖の“住”

「里山十帖」
http://www.satoyama-jujo.com/

里山十帖の“住”も、衣と食に負けない強いこだわりが込められていました。

重厚な門構え

チェックインのため、母屋に向かって目に入るのは、重厚な門構えです。

この重厚さで自動ドアですから、面白いですね。

畳が気持ちいいたたみツイン

今回、我が家は305号室の「たたみツイン」に宿泊。

間接照明的な程よい主張がいいですねぇ。

全面が畳張りで歩いても座っても寝転がっても気持ちいいです。

テーブルの両サイドにある丸椅子は、無印良品の“人をダメにするソファ”として有名になったビーズソファかと思いきや、座ってみるとボディがしっかりしていて意外な座り心地でした。

広々としたベランダにシンプルなチェアとテーブルのセットが。

天気が良ければもっと気持ちよかっただろうなと思いますが、雨でも雰囲気抜群でした。

食後も呑めちゃうラウンジ

「里山十帖」には2つのラウンジがあります。

どちらのラウンジも数セットのチェア&テーブルと、コーヒーやお茶、ドライフルーツなどがあるセルフドリンクコーナーが設けられています。

我が家は、客室への階段に近くて、広い方のラウンジである「hito - bito」が好きで、昼・夜・朝とよく利用していました。

特にこの空間がお気に入り。

チェアは金属製ですが、座面にクッションが張ってあることもあり、意外にやわらかくて座り心地がよかったです。

夜間(19〜23時)は、お酒セットがセルフドリンクコーナーに追加されます!

お酒なしでも十分な品揃えなのに…すごいです。

我が家はウィスキーなどはあまり飲まないため、写真の右端にあるカシスと手前のオレンジジュースをまぜてカシスオレンジを作り、楽しんでいました。

開放感満点の露天風呂

「里山十帖」は露天風呂も素晴らしかったです。

こちらは広い方の露天風呂です。

“食”同様、チラ見せ写真です(笑)
ぜひその場で体感していただきたいなと思います。

あと、ちょっと変なアドバイスかもしれませんが、普段メガネをされている方はお風呂にも持ち込まれることをオススメします。

メガネに湯気やお湯は大敵ではありますが、よく見える状態で楽しむのがいいなと思いました。

他の旅館では、むしろ見たくないものが見えちゃったりしますので、メガネは脱衣所に置いておくのですがね(笑)

(つづく)


ご予約はこちらから

「里山十帖」に興味を持たれた方は、ぜひこちらから。思い立ったが吉日ですよ!


「里山十帖」


レンタカー派の方は、最安値のチェックをお忘れなく!


前の記事:里山十帖の“食”
次の記事:モグ.スクエアードワークスでしばし休息

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-桃猫漫遊記 日本編
-, , ,

© 2017-2019 桃猫家.net