桃猫漫遊記 海外編

@バルセロナ・その3 〜人と生活が中心なバルセロナの街並み〜

投稿日:2017/07/03 更新日:

※本記事は、過去(2015年8月)の旅行に関する記事です。


スペインのバルセロナへ旅行してきました。

桃猫旅行録 2015/08@バルセロナ
その3

バルセロナの街並みはどこも「人」と「生活」が中心になっていると感じられるつくりになっていました。

どちらが良い/悪いというものではないと思いますが、日本の街づくりは良くも悪くも「クルマ」や「商業」が中心になっているんだなぁと感じました。

バルセロナは街のスケールは決して大きいものではありませんが、すごく「ゆったり感」がありまして、生活する人々や行政、政治家などが一番大切にしているものが日本と違うのでしょうね。

まぁバルセロナに長期住んだわけではないのですが、かの地に住む人々を見ていて、日本ではわざわざ「ワークライフバランス(“ワーク”が先にくる時点でお察しですよね…)」や「スローライフ」というような言葉を掲げないと実現できない生活をごく自然に過ごしているのだなと思いました。

単純に経済状況だけで見れば、スペインは、長年不況と言われる日本よりもさらに大変な状況のようですが、街の雰囲気からは、日本の方がよほど深刻な状況のように思えてしまいました。

日本も最近では残業時間改革など改善されつつありますが、もっといろいろな物事のバランスを見直し、変えていくべきなのかもしれませんね。

(つづく)


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-桃猫漫遊記 海外編
-, ,

© 2017-2019 桃猫家.net