マツダウォッチング

アテンザ/Mazda 6の商品改良きます!!

投稿日:2017/11/17 更新日:

マツダは、ロサンゼルス自動車ショーにて「Mazda 6(アテンザ)」の商品改良版のセダンモデルを公開することを発表しました。

マツダのプレスカンファレンスは、現地時間の11月29日(水)10:30-10:55に行われるそうです。日本時間ですと、30日の深夜ですかね。

マツダ公式ブログにエクステリアとインテリアの写真が一枚ずつ公開されています。

マツダ公式ブログより

おおー!これは期待が持てますね!

エクステリアは、年初にフルモデルチェンジしたCX-5(KF型)や近日発売予定のCX-8に近い最新のスタイルです。

我が家はCX-5に乗っていますが、正直、このデザインはよりシュッとしたセダンタイプの方が似合うだろうな、と思っていました。

実際、エクステリアの写真を見ますと、思っていた通りかなという印象です。

ただ、今のアテンザが持つ「アテンザらしい流麗さ」みたいなイメージは少し薄れてしまいましたかね。

あとはリアが気になります。個人的には、コンビランプとガーニッシュの位置関係は現状を保ってほしいところ。

マツダ公式ブログより

インテリアも良さげな感じ。

現行アテンザでもかなり質感高いと思いますが、さらに向上させてきていますね。

装備面では、アクティブドライビングディスプレイはフロントガラス投射型でしょう。電動パーキングブレーキもオートホールドに対応しましたね。マツダコネクトは変わらずかな。

恐らく、目に見えないところの改良も多々加えられているでしょう。遮音性などのいわゆるNVH(騒音・振動・乗り心地)の観点でも良くなっていると思われます。

KF型 CX-5でこの辺りが相当向上して、アテンザを上回るところもチラホラ出ていましたので、今回の商品改良でアテンザがフラッグシップとしての地位を取り戻すのではないでしょうか。

いやぁ、イイなぁ。本音を言うと、ワタシもSUVではなく、セダンに乗りたかったんですよ。

ただ、購入を決めたタイミング(2017年初)では、コストパフォーマンスや使い勝手など、諸々を含めた総合評価でCX-5がベストと判断したのです。

もちろんその思いは購入から半年以上経った今でも変わりません。でも、やっぱりセダンへの憧れがあります。

ヨシ。次のクルマはセダンでいきます!

しかし、先日の東京モーターショーで発表されたコンセプトモデルやSKYACTIV-Xなど、先々の楽しみも尽きませんが、近い将来にも楽しみがいっぱいですね!

(おわり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

猫さん

桃猫家の夫です。 プロフィールは こちら。 桃猫家.net では、運営やデザイン等の総合プロデュースとクルマやテクノロジに関する記事の執筆をしています。

-マツダウォッチング
-, ,

© 2017-2019 桃猫家.net