桃猫漫遊記 日本編

【桃猫旅行録】2015/10@南房総・その1

投稿日:2017/07/29 更新日:

※本記事は、過去(2015年10月)の旅行に関する記事です。

どういう経緯か忘れてしまいましたが、南房総へ旅行に行ってきました。

南房総へ行きたくて行ったのか、それとも宿泊先に泊まりたくて行ったのか。うぅむ。ってそんなに悩むことじゃないですね。

桃猫旅行録 2015/10
@南房総・その1

南房総へは、JRの横須賀線と内房線を乗り継いで移動し、約3時間で到着。南房総と言っても広いですが、今回は鋸南や館山の辺りです。

お昼頃に到着しましたので、まずはランチということで、江戸時代の握り寿司に近いと言われる「房州寿司」をいただくことに。

館山駅の辺りにある、おそらく有名店と思われるところでいただいたのですが、ここの女将さんの態度・雰囲気が終始悪くてビックリ。普通に入って普通に食事をしたつもりでしたが、何かしましたかね…。

お寿司はネタは美味しかったですが、握りがゆるくてシャリが崩れるし、房州寿司の最大の特徴である大きさも正直なところ、ただ大きいだけ…。

まぁ、自分たちには合わなかったということでしょう。あまり公開の場でネガティブなことは書きたくないのですが、かなりビックリでしたので、愚痴ってしまいました。

さて、気を取り直して今回のお宿にチェックインです。

安房温泉 紀伊乃国屋 別亭

初日は、JR安房勝山駅から海の方へ歩いて約10分のところにある「紀伊乃国屋 別亭」にお邪魔しました。

こちらは、この鋸南の辺りで「本館」や「ひるた」、「ゆうみ」などを展開されている紀伊乃国屋グループのお宿の一つです。ラインナップの中では最上級に位置しますでしょうか。

今回のお部屋

足湯のある部屋を選びました。いやぁ、こんなん最高ですやん。えぇ、急に関西弁も飛び出しますよ。

残念ながら目の前は囲いで景色を楽しむことはできないのですが、空間としてはそれなりに広く開放感があります。

客室内露天風呂でひとっ風呂浴びたら、夕食の時間を待ちます。

夕食

こちらの夕食は、ウェブサイトにも売りとして書かれていますように、通常プランでも舟盛や伊勢海老のお造り、アワビの踊り焼きが楽しめちゃいます!!

どれもこれも美味しくて、お酒が進みます。

お酒の中では自家製という梅酒がとっても美味しくて、普段あまりお酒を飲まない桃さんが2回もおかわりを…!!

※1:本来は1杯に梅の実は1粒なのですが、2杯目の注文時に「とても美味しいです」とお伝えしたところ、サービスしてくださいました。こういう心遣い、嬉しいですね。

※2:次の日は、同じ紀伊乃国屋グループの「ゆうみ」に宿泊し、梅酒を頼んでみたのですが味が違いましたので、本当の意味で“自家製”のようです。

お腹いっぱい&ほろ酔いで気持ちよく眠りにつきましたとさ。

ご予約はこちらから

泊まってみたいなと思われた方はぜひ下のリンクからご予約ください!!


じゃらん】【楽天トラベル

(つづく)


次の記事:2015/10@南房総・その2

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-桃猫漫遊記 日本編
-, ,

© 2017-2020 桃猫家.net