マツダウォッチング

マツダの「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム 2018 in 横浜」に参加しました

投稿日:2018/04/30 更新日:

去る2018年4月22日(日)に、神奈川県横浜市にあります「マツダR&Dセンター横浜」で開催された「サステイナブル“Zoom-Zoom”フォーラム 2018 in 横浜」に参加してまいりました!

マツダ好きにはたまらない、このイベント!

買ったばかりのSONY α5100を携えて行ってまいりましたので、写真メインでお伝えしていきます!

マツダR&Dセンター横浜

マツダR&Dセンター横浜、ワタクシ今回が初訪問でした。

まあ、社員や自動車ジャーナリストでもなければ、そんな頻繁に行ける場所ではないですけれども。

最寄駅の京急・子安駅またはJR京浜東北線・新子安駅からは、徒歩10分前後。

駅から近いとは言えないですが、道中の風景を楽しみながら歩けば、苦にはならない距離でした。

マツダ 魁 CONCEPT

さあ来ました!ワタシにとって、今回の訪問目的の一つでもありました。

いやぁ、良い顔してはります。

イカツイんだけど、新型CX-5(KF)のような押し出し感だけじゃなくて、何か可愛らしさもあるんですよね。そういう意味でも、やっぱり次期アクセラになるんだろうな、という印象。

おケツも素晴らしい。マツダ車はどれもヒップも良いんですよねぇ。

発表された当初はあまり好きになれなかったのですが、実車を見てみると、あぁやっぱマツダ車だ、と実感。

時々、説明員の方がドアを開けていらっしゃったので、その時を狙ってパシャり。

サイドのデザインをいわゆるキャラクターラインではなく、面として描く的な話があったのですが、このドア一枚でもそれがわかりますね。

明確なラインとか凹凸はないですけれども、絶妙な面のカーブが描くコントラストが美しいのです。

ヘッドライトをアップで。Twitterにも書いたのですが、何かビームでも発射してくれそうな造形。

ドアを内側からも写しましたよ。内張りの赤が鮮やか!

助手席側も。

ボディ上部の色合いも見てください。こんな感じで、ハイライト部分は朱色っぽく見えるのです。これは現行のソウルレッドにはない見え方。クリスタルメタリックになって鮮やかさが増した印象がありましたが、それでもここまでの鮮明さはありません。

ドアハンドルとサイドミラーもすごい。

ハンドルは「フラッシュハンドル」と呼ばれるタイプのようです。普段は埋め込まれていて、必要な時だけ出てくる、と。クルマでは一部の高級車に採用例があるそうで、これがアクセラクラスで出てきたらゴイスーですね。

ミラーは最近法改正の動きもあり、実現性が高まってきたカメラ式。しかし、いわゆるディスプレイ的なものがないこのコンセプトモデルで、どうやってその映像を確認できるようになっているのか。。。気になりますね。

テールランプも良いんですよ。二つの円形を横切る一直線のランプがターンランプになっています。

最近流行りの流れるタイプではなくて、従来からある点滅タイプでしたが、心臓の鼓動に合わせたとのことで、確かに点滅の周期もアニメーションもそれを感じさせるものでした。

魂動の鼓動を感じてほしい、ということなのでしょうね(うわー

テールランプを少し斜めから見ると、このようになっておりました。もはやジェットエンジン。

加速時はプロジェクションマッピングで何か出てるように見えるとか、そういう風になるんだろうなぁ(ならないよ

お隣には、次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」も展示されておりました。君の中に僕がいるんだよ的一枚です。

魂動デザイン ご神体

魁 CONCEPTが展示されていたプレゼンホールの出入口付近にはご神体もおわしました。

ふつくしい…。

しかしこのご神体、すっごいフツーに置かれていまして、何の説明パネルもないんです(笑

まあレプリカ的なもので、モノホンのご神体ではないのでしょうけど、こんなに無造作に置かれていていいの?と思ってしまいました。

逆にありとあらゆるところにこのご神体がいても面白かったなぁ、なんて思ったり。

ロードスターRF 試乗

会場では関東マツダさんが各種マツダ車の試乗も受け付けされていまして、ワタシは念願のロードスターに試乗!

ロードスター、やっぱ違いますね。なぜみんなハマってしまうのか、実感を持って理解できました。

乗り込んでアクセルを踏んで数秒で、笑ってしまいましたよ。普段乗っている新型CX-5やこれまで乗ってきたあらゆるクルマとの違いに。

でも、全部が楽しいんですよね。

まるでゴーカートに乗っているのかのような地面との近さも、すっごく素直に反応してくれるアクセル・ブレーキペダルも、一見すると非常に狭い車内空間も、全部楽しい。

10分程度の試乗でしたが、ロードスターの良さがビシビシ伝わってくる、濃ゆい時間でした。

まとめ

このブログではちょっと記事が出遅れてしまったのと、たぶん他の方のブログでもたくさん書かれているかと思いますので、セミナーの内容には触れずに、写真メインでお送りいたしました!

が、セミナーも色々とマツダの思考や哲学に触れることができて、大変身のあるものでした。

魁 CONCEPTを見ることができ、ロードスターにも乗ることができ、大満足の1日でございましたよ!次回もぜひ参加させていただこうと思います!

(おわり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

猫さん

桃猫家の夫です。 プロフィールは こちら。 桃猫家.net では、運営やデザイン等の総合プロデュースとクルマやテクノロジに関する記事の執筆をしています。

-マツダウォッチング

© 2017-2019 桃猫家.net