桃さん食堂のレシピ記

3種のおかずと蛋餅(ダンビン)のお好み巻き

投稿日:2017/03/05 更新日:

中国語では「卷菜蛋饼(juǎn cài dàn bǐng)」と言い、わたしが学生の頃によく食べていた朝ごはんで、中国北方の家庭で最も見られる朝ごはんの一つでもあります。

日本へ留学してきたばかりの頃、故郷が恋しくなったのかお腹が空いたからなのかわかりませんが、夢の中でこれをたーくさん食べて目が覚めることがありました(笑)

今回は材料に限りがあり、試したのは簡易版ですが、美味しくできましたので紹介します。

材料・準備

  • 「ダンビン/中華風オムレツ(蛋饼)」用
    • 【材料】小麦粉:適量、常温の水:適量、塩:少々、卵:5個
    • 【準備】小麦粉をボウルに入れ、ゆっくり水を加えていきます。粘りが出てくるまで小麦粉と水を混ぜ合わせ、最後に塩を少々振ります。
  • 3種のおかず①「昆布のあえもの(凉拌海带丝)」用
    • 【材料】刻み生昆布:適量、調味料:適量
    • 【準備】刻み生昆布をよく水で洗い、ざるにあげておきます。
  • 3種のおかず②「ツナとキャベツの炒め物(炝金枪鱼卷心菜)」用
    • 【材料】キャベツ:1/2個、ツナ缶:2缶、刻み唐辛子:適量、麻椒:適量、塩:少々
    • 【準備】キャベツは千切りして、よく水で洗います。ツナは缶から取り出し、余分な水分を取り除きます。
  • 3種のおかず③「ジャガイモの中華風マリネ(炝拌土豆丝)」用
    • 【材料】ジャガイモ:2個、刻み唐辛子:適量、麻椒:適量、塩:少々
    • 【準備】ジャガイモは洗って皮をむき、千切りにしたら水につけます。
      • Tips: ジャガイモの千切りは細くても多少太めでもOKですが、必ず均等になるようにします。水につけるのは、デンプンを取り除いて食感をよくするためです。

作り方

まずは3種のおかずを作っていきます。

昆布のあえもの(凉拌海带丝)

  1. 雪平鍋等の小鍋に湯を沸かして、生こんぶを鍋に入れ、弱火で3〜5分間煮ます。
  2. 火を止めて生こんぶをざるに取り出し、水分を落とします。
  3. こんぶを冷水に浸けます。こんぶの温度が下がったら、冷水からあげて、水分を切ります。
  4. こんぶを器かボウルに入れて、調味料を加えて混ぜ、皿に盛り付けます。

ツナとキャベツの炒め物(炝金枪鱼卷心菜)

  1. フライパンを火にかけてサラダ油を入れ、刻み唐辛子と麻椒を入れて、2〜3分後に唐辛子と麻椒を取り出す。
    ※フライパンに残った辣油は捨てないこと!
  2. 弱火でキャベツを炒め、少々の塩で軽く味付けします。
  3. キャベツが柔らかくなり水分が出たら、準備しておいたツナをフライパンに入れて、炒め合わせます。
  4. 火を止めて、皿に盛りつけます。
    
Tips: もし量が多い場合は、別のお皿に取り分けておき、お酒のつまみにするのもいいですよ!

ジャガイモの中華風マリネ(炝拌土豆丝)

  1. 水につけておいたジャガイモを取り出し、水を切ります。
  2. 雪平鍋等の小鍋で湯を沸かし、ジャガイモを入れたら、3分茹でて火を止めます。
  3. ジャガイモをざるに取り出して水分を落とします。
  4. サラダ油を熱したフライパンに入れ、弱火で刻み唐辛子と麻椒を炒めて辣油を作ります。
  5. ジャガイモをフライパンに入れ、塩を少々加えて、混ぜます。

続いて、ダンビン(蛋饼)を作りましょう。

ダンビン/中華風オムレツ(蛋饼)

  1. 適量のサラダ油またはごま油をフライパンに入れ、弱火で加熱します。
  2. お玉ひとすくい分の生地をフライパンにゆっくり入れ、そっと揺らします。
  3. 生地が半透明状になったら裏返して、卵を生地の上に割って、やさしく均等になるよう混ぜます。
  4. 卵が固まり始めたら、生地を再度裏返します。卵が完全に固まったらOKです。

食べ方

  1. 蛋餅を広げて、先に作った3種のおかずを好みに応じて載せていきます。
  2. お好みでパクチーや刻みネギ、たれなどを入れて楽しめます。

乗せて乗せて乗せて…巻いて巻いて巻いて…

パクっ!! ウマっ!!

みなさまもぜひお試しあれ。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

桃さん

桃猫家の妻です。
プロフィールは こちら

桃猫家.net では、主に料理に関する記事の執筆をしています。

-桃さん食堂のレシピ記
-, , ,

© 2017-2019 桃猫家.net