グルメ・旅行

山芋かまぼこが大好きです

投稿日:2017/07/22 更新日:

みなさんは「山芋かまぼこ」をご存知でしょうか?

山芋かまぼこ

「山芋かまぼこ」は、かまぼこが丸々の山芋を包んでいます。

ちょっと意外な姿かもしれませんね。名前だけ聞くと「すりおろした山芋 or 刻んだ山芋が入っているかまぼこ」をイメージしそうです。

ちなみに、この写真の山芋かまぼこは「山葵味」で、プレーンの山芋かまぼこは、かまぼこの部分が白色です。

出会い

初めて山芋かまぼこを食べたのは、10年以上前だったと思います。

鳥取の方へ旅行に行った時に、道中の道の駅かサービスエリアで購入したと記憶しています。

もともと、山芋とかまぼこはそれぞれ単体でも好きな食べ物でしたので、その二つのコラボレーションに心踊らせ購入、食べてみて予想以上のウマさにビックリ、てな感じでした。

レアキャラ扱い

この山芋かまぼこ、普段はなかなかありつけません。スーパーでは見かけませんし、自分で作るというのも難しいです(やったことがないので、実は簡単かもしれませんが)。

時折無性に食べたくなるのですが、道の駅やサービスエリアなどクルマで出かけた時しか出会えない、レアキャラみたいな感じになっていきました。

これまでに見たことがあるのは、前述の中国地方のどこか(参考にならなくてスミマセン)と、滋賀県か福井県にある道の駅やサービスエリアの売店です。

具体的な店名が出せずに申し訳ないですが、確か、滋賀県高島市にある「道の駅 マキノ追坂峠」で何度か買った記憶があります。

静岡県でゲット!!

長らく山芋かまぼこも食べていなかったのですが、先日京都へクルマで行った際の帰り道、「NEOPASA静岡 上り」の売店「しずおかマルシェ」で発見!!

しかも、まさかの山葵味でございます。
長い山芋かまぼこ歴を持つワタシも初遭遇です。

刺身醤油をちょんとつけて食べると絶品。かまぼこの弾力と山芋のシャクシャクした食感が意外なほどマッチしています。

みなさんも山芋かまぼこを見つけたら、ぜひお試しください!!

(おわり)

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

猫さん

桃猫家の夫です。 プロフィールは こちら。 桃猫家.net では、運営やデザイン等の総合プロデュースとクルマやテクノロジに関する記事の執筆をしています。

-グルメ・旅行
-

© 2017-2020 桃猫家.net